国登録有形文化財

「国登録有形文化財」を示す銘版

あかつき屋は平成24年度、北陸のゲストハウスとしては初めて、国登録有形文化財に指定されました。
昭和初期に建てられたあかつき屋の建造物は、木造2階建てで、切り妻造り、桟瓦葺き。1階の正面や2階部分に出格子があり、建物の背丈が高いという特長があります。
また、玄関やお座敷などは、各所に創意に富んだ意匠が施されており、美的にも優れた内容を備えています。
昭和初期の金沢の人々の生活様式を色濃く伝え、保存状態も良好であることが高く評価され、文化庁などの調査を経て、この度の登録となりました。

あかつき屋の建築物の特長の一部を写真で以下のように示します。

【正面】

建物全景

【玄関】

玄関全景

和の趣を醸しだす円窓

一枚板の腰板

斬新な意匠の上がり框

【上がりの間】

西日が差込む上がりの間

【2階客室・あかつきの間】

あかつきの間全景

付書院

網代天井と地袋